みんなの銀行 公式note

国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」の公式アカウントです。みんなの銀行公式アプリのDLはこちら → https://www.minna-no-ginko.com/open-account/

みんなの銀行デザインマガジン

デジタルバンク「みんなの銀行」デザインチームのメンバーが、制作現場の様子を交代で書いていきます。 https://note.minna-no-ginko.com

すべて見る

お客さまの「声」をどのように活かすか

こんにちは、デザイングループ サービスデザイナーの林です。 みんなの銀行では、様々なチャネルを通して寄せられるお客様の「声」に耳を傾けています。今回はお客さまの「声」をどのように活かしているのか、そのためにどのような工夫をしているのかについて簡単にご紹介したいと思います。 「声」の集め方 まず、そもそも私たちがどのようにお客さまの「声」を集めているかご紹介します。 大きく分けると2つのアプローチがあります。 一つは「みんなの声委員会」という組織のワーキンググループが

スキ
47

みんなの銀行デザインシステム、始めました。

みんなの銀行 プロダクトデザイナーの中野です。今回はプロダクトデザインチームとフロントエンドエンジニアチームで一緒に取り組んでいる、みんなの銀行のデザインシステム作りについてご紹介します。 まだまだ開発途中の取組みですが、どんなふうに進めてきているのかをお届けできればと思います! デザインシステムとは デザインシステムとは「プロダクトデザイナーとフロントエンドエンジニアが共通認識を持つための仕組み」と考えており、その実現のために以下の3つのドキュメントとライブラリを作成

スキ
110

これからの銀行体験に向きあうプロダクトデザイナー求む!

こんにちは。みんなの銀行 デザイングループ リーダーの中村です。現在みんなの銀行では、デザイングループの体制をパワーアップするため、デザイナーの仲間を募集しています。今回募集するポジションは、みんなの銀行アプリを手がけるプロダクトデザイナー。 より具体的なイメージを持っていただけるように、デジタルバンクのプロダクトデザイナーの仕事や、私たちが求める人物像、スキルなどについてお話しします。 プロダクトデザイナーの仕事 今回募集している、プロダクトデザイナーのメインとなる

スキ
78

デザイナーが取り組む、みんなの銀行らしいライティング

みんなの銀行 プロダクトデザイナーの竹之下です。今回のトピックは、デザインチームがテキストメッセージのライティングに関わる理由についてです。どうやって作っているのか、ライティング担当者の視点から制作の裏側をお届けします。 毎日更新する「Walletメッセージ」制作の流れ アプリ内に表示されるテキストメッセージは複数ありますが、デザインチームが主に関わっているのは、アプリトップの Wallet(普通預金)に表示される「Walletメッセージ」。基本的に毎日更新していて、みん

スキ
103

みんなの銀行マーケティングマガジン

みんなの銀行のマーケティンググループの取組みをシリーズ形式でお届けしていきます。

すべて見る

みんなの銀行FAQサイトのアップデートに向けてどのようなUI設計をしたか

はじめまして、みんなの銀行 枝川です。マーケティンググループで、みんなの銀行ウェブサイトの企画・制作進行を担当しています。ウェブサイトのアップデート模様を綴る連載第2回目では、3月中にアップデートする「みんなの銀行FAQサイト(お客さまサポートのサイト)」でどのようなUI(User Interface)設計をしたかについてお話します。 FAQサイト アップデートの背景 みんなの銀行は2021年5月28日、お客さまに向けてサービス提供開始しましたが、このタイミングでウェブ

スキ
47

みんなでつくるウェブサイト、始まります!!

はじめまして、みんなの銀行の稲森です。 マーケティンググループのメンバーとして、みんなの銀行公式ウェブサイトの企画・制作進行を担当しています。このnoteマーケティングマガジンの中では、制作にあたっての担当者の思いや裏話、今後のウェブサイトの制作予定などを発信していこうと思います。 ✅みんなの銀行公式ウェブサイト https://www.minna-no-ginko.com/ みんなの銀行公式ウェブサイトは、2021年5月28日のサービス提供開始と同時にオープンしたばかり

スキ
119

みんなの銀行のマーケティンググループがやってきたこと:第1回「みんなの銀行の知覚価値」

はじめまして。みんなの銀行の泊です。 マーケティンググループに所属して、マーケティングにまつわるいろんなことを担当しています。今回のnoteは、みんなの銀行のマーケティンググループの取組みをシリーズ形式でお届けしていく第1回です。 銀行でのマーケティング未経験のチームが最初に考えたこと僕は2020年4月にみんなの銀行に入社しました。それまでは専任1名と兼務者数名のマーケティング担当チームが、パートナーのアクセンチュアさんとともに戦略を練っていました。そして、僕が入社した20

スキ
125

みんなの銀行システムデザインマガジン

デジタルバンクの中で、プロダクトデザインとシステム開発の橋渡し役を担う、みんなの銀行のシステムデザイングループによる連載です。

すべて見る

みんなの銀行のボランチ! ―― システムデザイングループについて(前編)

こんにちは。みんなの銀行 システムデザイングループの平川です。今回は、みんなの銀行でプロダクトデザイン(商品開発)とシステム開発の橋渡し役を担う、我々システムデザイングループについてのご紹介をさせてください。 昨年2021年5月のサービス提供開始後、無我夢中で走ってきたけど、そもそもシステムデザイングループとは何なのか? 我々のミッションは? あるべき姿は? メンバーで集まって対話形式で改めて整理してみましたので、今回はそれをご紹介させていただきます!! ■ 今回登場

スキ
77

みんなの銀行BaaSマガジン

みんなの銀行のBaaSである"Minna no BaaS"を推進するメンバーが、"Minna no BaaS"についてはもちろんのこと、世の中のBaaS事情などBaaSにまつわるあらゆることを発信していきます。https://baas.minna-no-ginko.com

すべて見る

Cheerコードでクリエイターを応援! みんなの銀行ピクシブ支店誕生の背景って?

はじめまして、みんなの銀行 マーケティンググループの竹田です。今回は、 国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」のパートナー支店第1号として、2021年9月30日にスタートとしたみんなの銀行ピクシブ支店についてご紹介します。 みんなの銀行BaaS事業における「パートナー支店」って? ✅ みんなの銀行の「BaaS事業」―― Minna no BaaS みんなの銀行は、Google Cloud上に構築した軽量かつ柔軟な次世代バンキングシステムを活用して、3つの事業ドメインを

スキ
66

BaaSを実現するシステムの話

こんにちは、みんなの銀行の青山です。 前回みんなの銀行が取り組む「BaaS(=Banking as a Service)」についてざっくりご紹介しましたが、なぜこんなに良いことづくしのBaaSを提供している銀行が日本には少ないのか、という疑問を残して終わりました。 前回の記事はコチラ ↓ 今回はその疑問を解消するためゲストに登場頂き、BaaS実現にあたって重要となる「システム」について解説頂きます! 銀行は顧客から預かったお金を運用や貸付に回すことができる特殊な

スキ
164

銀行の最先端チャレンジ「BaaS」とは?

はじめまして、みんなの銀行 青山です。 国内ではまだあまり事例がない、BaaS(=Banking as a Service)事業の推進をしています。  こちらのマガジンではみんなの銀行の「BaaS」をテーマに記事を投稿していきます。 まずは第一弾として、あまり聞きなじみのないBaaSというビジネスモデルについてその背景とともにざっくりご紹介します! 👇「銀行の未来」に興味のある人におすすめの記事 Banking is necessary, but banks are

スキ
324

みんなの銀行システムマガジン

デジタルバンク「みんなの銀行」のシステム開発を手掛ける「ゼロバンク・デザインファクトリー」のエンジニア陣によるマガジン。勘定系システムの構築基盤にGoogle Cloud Platformを採用した理由など、エンジニア視点の専門的なお話をお届けしていきます。

すべて見る

BaaS API と 金融グレードのセキュリティ (後編)

こんにちは、ゼロバンク・デザインファクトリー(※)の山﨑です。前編ではBaaS(Banking as a Service)で第三者にAPI(Application Programming Interface)を公開するということ、「認証」と「認可」の組み合わせについてお話し、中編では海外と日本におけるAPI公開の動きや、API仕様の開発標準策定の成り立ち、開発標準の一つである認可のOAuth、FAPI(Financial-grade API)の概念についてお話しました。最終回

スキ
76

BaaS APIと金融グレードのセキュリティ(中編)

こんにちは、ゼロバンク・デザインファクトリー (※)の山﨑です。前編では、BaaS(Banking as a Service)で第三者にAPI(Application Programming Interface)を公開するということを、銀行窓口とみんなの銀行アプリの銀行機能提供の流れを比較しながらご紹介し、「認証」と「認可」の組み合わせについてもお話しました。中編では、「認可」のフレームワークであるOAuthと、その拡張仕様であるFAPI(Financial-grade AP

スキ
71

BaaS APIと金融グレードのセキュリティ(前編)

こんにちは、ゼロバンク・デザインファクトリー (※)の山﨑です。主にサーバーサイドの開発を行うエンジニアです。今回は BaaS(Banking as a Service)とAPI(Application Programming Interface)、 API のセキュリティ要件であるFAPI(Financial-grade API)について、前編・中編・後編にわたってお話します。 ※ゼロバンク・デザインファクトリーは、ふくおかフィナンシャルグループの一員で、みんなの銀行のバン

スキ
88

日本初の「デジタルバンク」として Google Cloud に勘定系を構築。Cloud Spanner で銀行基幹システムで求められる可用性を実現 ※転載記事

インタビュイー(写真右から): ・宮本 昌明(みんなの銀行 執行役員CIO/ZDF 取締役CIO)  ・長 竜治(ZDF Engineering Division SRE Group  Senior Engineer) ・家壽田 雅史(ZDF Engineering Division  Technical Lead) ※ZDF=ゼロバンク・デザインファクトリー この記事は「Google Cloud」公式ブログに掲載されたGoogle Cloud Japan Teamによるイ

スキ
78