マガジンのカバー画像

みんなの銀行デザインマガジン

16
デジタルバンク「みんなの銀行」デザインチームのメンバーが、制作現場の様子を交代で書いていきます。 https://note.minna-no-ginko.com
運営しているクリエイター

#デザイン

お客さまの「声」をどのように活かすか

こんにちは、デザイングループ サービスデザイナーの林です。 みんなの銀行では、様々なチャ…

みんなの銀行デザインシステム、始めました。

みんなの銀行 プロダクトデザイナーの中野です。今回はプロダクトデザインチームとフロントエ…

これからの銀行体験に向きあうプロダクトデザイナー求む!

こんにちは。みんなの銀行 デザイングループ リーダーの中村です。現在みんなの銀行では、デザ…

デザイナーが取り組む、みんなの銀行らしいライティング

みんなの銀行 プロダクトデザイナーの竹之下です。今回のトピックは、デザインチームがテキス…

【レポート&ご質問への回答】突撃!となりの業界のUX ―― 教育・金融・医療の「業界…

こんにちは。デザイングループの中村です。先日、イベント『突撃!となりの業界のUX』に登壇さ…

プロダクトデザインのアプローチ(後編)――みんなの銀行×Fjord Tokyo

こんにちは。みんなの銀行デザイングループの中村です。「みんなの銀行 × Fjord Tokyo」連載…

プロダクトデザインのアプローチ(中編)― みんなの銀行 × Fjord Tokyo

こんにちは。みんなの銀行デザイングループの中村です。「みんなの銀行 × Fjord Tokyo」連載シリーズ第2回の前編では、どのようにアプリ設計に着手し、進めてきたのかをお届けしました。中編のテーマは、みんなの銀行を象徴するシンプル・ミニマルな「白と黒」の配色について。新しく立ち上げる銀行を、なぜこの配色にしたのか。その背景をお話しします。 👇前編はこちら Fjord Tokyo 会田 光浩(Fjord Tokyo Interaction Design Lead)

スキ
149

プロダクトデザインのアプローチ(前編)――みんなの銀行×Fjord Tokyo

こんにちは。みんなの銀行デザイングループの中村です。「みんなの銀行 x Fjord Tokyo」連載シ…

銀行でデザインを内製化すること

こんにちは。みんなの銀行 プロダクトデザイナーの田口です。最近は新規サービスの体験設計な…