見出し画像

FFG新入行員研修レポート(2/2)~座談会編

こんにちは! みんなの銀行 2023年度新入行員の秋本です。現在、マーケティンググループに所属しています。

前回のnote「FFG新入行員研修レポート(1/2)」では、みんなの銀行新入行員5名(←同期です!)とともに約3週間にわたって参加したふくおかフィナンシャルグループ(以下FFG)の新入行員研修についてレポートしました。

今回は、研修後に同期5名とともに行った座談会の様子をお届けします。研修に参加して何を感じ、何を学んだのか。ファシリテーターに人事の採用担当者を迎えて本音トークを展開します!

写真左から、波田さん、本多さん、秋本(筆者)、新田さん、竹内さん

■ 座談会に登場する新入行員5名(写真左から)
波田 雄杜
マーケティンググループ。学生時代はロボット・プログラミング教室で講師としてアルバイト。最近自分のデスク脇にお菓子コーナーが出来ました。

本多 弘睦
データクリエイショングループ。インターンでデータ分析を2年間経験。デジタルバンクでのデータ分析に惹かれ、みんなの銀行に入社。

秋本 奈美(筆者)
マーケティンググループ。学生時代はグラフィックデザインを学び、雑誌事務所でアルバイト。最近お菓子コーナーが出現したため1時間半かけて歩いて帰ってます。

新田 海斗
ビジネスアライアンスグループ。お金や決済への興味があり、金融業界の中からみんなの銀行へ入社。オフィス近くの中華ランチが毎日の楽しみ。

竹内 鋼大
ビジネスアライアンスグループ。高校までラグビー部、大学ではスタンドアップパドルボード(SUP)のレース競技に目覚め、真っ黒になりながら海での練習に明け暮れていた。

座談会スタート! FFG新入行員研修で一番印象に残ったこと

川原(エンプロイーサクセスグループ/ファシリテーター):本日の座談会にファシリテーターとして参加します川原です。
新入行員5名の皆さんが揃いましたので、それでは早速「FFG新入行員研修」についてお聞きしていきましょう! 研修中は多くの講義に参加されたと思いますが、一番印象に残った講義は何でしたか?

本多(データクリエイショングループ):運営スタッフとして参加されていた先輩行員の皆さんが、共通して「人との“つながり”を大切にするように」と口にされていたのが印象的でした。

研修当初は「お客さまとの“つながり”」という意味で捉えていましたが、過去の経験談などの話を聞くうちに、新しい価値や体験をともに生み出していくパートナー企業様だったり、一緒に働く職場の仲間だったり……そういった「みんな」を含めた、人との“つながり”のことなのだと理解しました。これからの社会人生活でも意識していきたいです。

データクリエイショングループ本多さん

波田(マーケティンググループ):福岡・天神にはクラシックコンサートや研修・講演会などで使用されるFFGホールがあるのですが、研修中、FFG五島社長の講話もそこで行われました。

会場に入ると、集まった新入行員の数(約350名!)に圧倒されるとともに、グループとしての規模感をあらためて実感した瞬間となりました。

そのような場で、みんなの銀行の代表として参加することに責任感を覚えましたし、デジタルバンクの価値・魅力をグループの内外でより高めていくべく頑張りたいという想いも抱きました。

新田(ビジネスアライアンスグループ):講義の中で行った「ディベート」が一番印象に残っています。提示されたテーマに対して、肯定側・否定側のそれぞれの立場に割り振られて議論していくのですが、ディベートを通して同期の考え方や仕事に対するモチベーションを知ることもでき、良い刺激を受けた時間となりました。

竹内(ビジネスアライアンスグループ):私は特定の講義がというよりか、すべての講義において、FFGのブランドスローガンである「あなたのいちばんに。」の言葉が散りばめられていたことが印象に残っています。

驚いたのは、指導員の皆さんはもちろん、社外の講師の方々も「あなたのいちばんに。」をベースに、それぞれのテーマを講義されていたことです。

スマホ完結型の銀行であるみんなの銀行は、スタッフがお客さまと直接対面する機会がないからこそ、このスローガンをどう実現していくのかを常に考えながら仕事に取り組まないといけないのだと、あらためて考えました。

秋本(マーケティンググループ):私はビジネスマナーの講義が一番印象に残っています。基本となるマナーや基礎知識、常識を、実践的なワークショップを通して学べたことは、社会人としての意識や責任感を再認識する機会になったと感じています。

竹内さんが先ほどおっしゃったことと同じく、みんなの銀行ではお客さまに銀行サービスをご提供する際に、直接お会いする機会はないのですが、いつでもお客さまを一番に想う気持ちは変わりません。これらのことを忘れず、今後業務を行っていこうと思いました。

新入行員研修の思い出話で盛り上がる同期5名

配属店実習での体験

川原:皆さんそれぞれに学びがあったようですね! 研修では配属店実習の時間も設けられていましたが、みんなの銀行は店舗がないため、皆さんは福岡・西中洲のみんなの銀行オフィス(本社)にて行いました。オフィスではどのような実習を体験しましたか?

本多:私はデータクリエイショングループでお世話になったのですが、先輩方にグループの役割や仕事内容を説明してもらったり、ミーティングに同席し「会社の会議」というものを初めて体験したり……。

それまで、「働く」ということに対してなんとなくのイメージは持っていたものの、具体的に自分がどんな環境で、どういう人たちと一緒に、どのように仕事をしていくのかは想像がついていませんでした。配属店実習を通じて、これから自分が携わる仕事のイメージを掴むことができました。

竹内:私は新田さんと一緒にビジネスアライアンスグループに配属となり、クライアント企業との打ち合わせの場に同席させてもらいました。

また、業務メンターの方から、みんなの銀行が今年度どんな目標を掲げていて、それを達成するためにビジネスアライアンスグループとして何をすべきか、そして研修後どんな業務をしていくのか、などの説明を受けました。配属店実習の2日間で、自分の本配属後のスタートがよりクリアになりましたね。

ビジネスアライアンスグループ竹内さん

秋本:波田さんと私は、マーケティンググループに配属されました。みんなの銀行のサービスについて説明してもらった後、SNS担当の先輩方より投稿文の作成について教わったり、コーポレートサイトの分析機能について教わったり、実務的な業務を体験しました。

リリース直前のコーポレートサイトのリニューアルページのチェックも体験させてもらったのですが、その時は「絶対に見落としできない!」とドキドキして取組んでいましたね。具体的な業務に触れることで、本配属後の自分の姿を少し具体化できた気がします。

新入行員研修で学んだこと

川原:充実した配属店実習を体験されたようですね。それでは最後の質問です。新入行員研修を通して学んだことを、本配属先の部署で、どのように活かしていきたいですか?

波田:「既存の銀行のこの機能を、みんなの銀行でカタチを変えて出してみたい」だったり、「既存の銀行ではできなかったコレを出来るようにしたい」といった視点を、研修の中でいくつも持つことができました。

新しいサービスを生み出したり、ブラッシュアップしていく「出発点」を知ることができたように思います。

竹内:私も波田さんの感覚に近いですが、今回の研修には福岡銀行、熊本銀行、十八親和銀行の新入行員が数多く参加しており、研修も既存の銀行に向けた内容も多くありましたが、それにより「みんなの銀行に“ない”もの」も際立って見えてきました。

みんなの銀行は、既存の銀行のサービスやルールに縛られず、新しい銀行サービス、これまでにない価値体験を世の中に提供していくんだ、ということを強く認識する機会になったと思います。

今後、ビジネスアライアンスグループでBaaS(Bank as a Service)事業に携わる上でも、このマインドを胸に邁進していきたいですね。

本多:研修を通して、FFGのブランドスローガンである「あなたのいちばんに。」から、お客様視点で考えることの重要性を学びました。

これからの業務においても、お客様視点で考えることによって、価値あるつながりを提供していきたいです。

新田:研修で学んだ「お客さまに対する心構え」を、実際の仕事にも活かしたいです。みんなの銀行は店舗を持たないデジタルバンクですので、お客さまと直接対面する機会はないですが、アプリ画面の向こう側にはいつだってお客さまがいらっしゃることを忘れてはならないと思いました。

私はビジネスアライアンスグループへ配属となりましたが、アライアンスを結ぶパートナー企業と、パートナー企業が提供するサービスのお客さまに対してより良い金融サービスが提供できるよう、自分に何ができるのかを常に考えながら仕事をしたいと思います。

マーケティンググループ秋本(筆者)

秋本:これから一緒に働くみんなの銀行の同期はもちろん、他行の同期とも仲良くなれたことは、自分自身にとって嬉しいことでしたし、みんなの銀行のターゲット層であるデジタルネイティブ世代、特に同世代であるZ世代の横のつながりを作る良い機会にもなりました。

また、私が所属するマーケティンググループのミッションの一つには、みんなの銀行のサービスをより多くのお客さまにご利用いただくことを掲げているので、研修で銀行業務について広く学べたことは、マーケティング担当としての第一歩としてとても良い経験となりました。今後も知識を吸収しながら、楽しんで仕事に取組んでいきたいと思います!

川原
:皆さん、ありがとうございました。これからの成長と活躍を楽しみにしています!

筆者紹介

秋本 奈美
みんなの銀行 マーケティンググループ所属。FFGの関連会社にて、グラフィックデザイナーとしてパッケージデザインなどに携わった後、2023年4月、みんなの銀行に入社。デザインが持つ力を信じ、みんなの銀行のサービスやUIなどにとどまらない、ブランドとしての魅力を発信していきたいと思っています。最近はゼルダの伝説にはまっています!

👇HRマガジン一覧

👇デジタルバンクプロジェクトは、なぜ生まれ、どのように開発が進められてきたのか。こちらの本も合わせてお楽しみください!


この記事が参加している募集

#人事の仕事

3,910件

#採用の仕事

2,095件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新情報は Twitter でおつたえします☺